グラフの話 〜by Daisuke

皆さん、子供の頃の夢は覚えていますか?

何になりたかったか、覚えていますか?宇宙飛行士、サッカー選手、カリスマ社長、ケーキ屋、花屋・・・何でもいいですが、何かあったと思うんです。

ない人も、思いだせない人もいるかと思いますが、子供の頃は恥ずかしがらずに何でも言えたのに、いまになって言えないのは何故でしょうか?

高校時代、大学時代、社会人時代、何も考えずに、てきとうに生きてきた自分に今更夢なんてないよ・・・・という人もいるかもしれません。そういう人もココロのどこかで、もっと幸せな人生になれたらいいな、とか、若い時にこうしてればもっと良い人生だったのかな、とか思うかもしれません。

人間、心の中ではどんなに幸せな人生も、どんなに悲惨な人生も想像出来ます。いまの状況を一回全部忘れて、ちょっと考えてみませんか?

自分が考えている世界と現実世界があるとして、グラフにしてみるとき、自分が考えている世界を横軸、現実世界を縦軸とします。自分が考えている世界というのは考え方次第でどこまででも広がっていきますから、このグラフにおいて横軸は無限大と言えます。

しかし、縦軸の現実世界においては、いま置かれている状況を考えると、全然広くないよー、一本の線でしかない、という人もいると思います。

でもグラフだけで考えれば、横軸が広く伸びているなら縦軸だって伸びる可能性はあると思いませんか??

何が言いたいかというと、みんな縦軸を意識し過ぎて、横軸の可能性を忘れてしまっているのです。人生を縦に昇っていく人は素晴らしいです。実際そういう人のほうが仕事を覚えるのが早いですし、どんどん昇進していくでしょう。でも何かの拍子で転んでしまったとき、横に行く道はありますか?

Horizon

もちろんその縦軸をもう一度昇っていくのもいいでしょう。でもね、人生はこうしなきゃいけない、なんて決まりはないんですよ。

もし人生でこれしかないと思って縦軸を昇り続けていて、その先が不安なら、横軸を伸ばしてみませんか?

もちろん縦軸は伸ばし続けながらでいいのです。でも、横軸を伸ばしていると、落ちてしまったときに、いろんな視点で人生を見ることが出来ると思いますよ。経済的なこととか何も考えなくてよかった子供の頃に、本当に何がしたかったのか考えてみませんか?

例えば絶対に失敗しないという保証があるなら、あなたはいま何がしたいですか?

僕は、人はココロの底から幸せになるために生まれてきたと信じています。

自分が人生でやるべきことはこれだ、と決めて縦軸を昇り続けていくことは格好いいことだと思います。

でも、いま昇り続けている縦軸に満足していないのなら、横軸を伸ばしてみましょう。その横軸が、今は全然空想の世界のものでも、やってみると以外と縦軸にどんどん伸びていくかも知れませんよ。

覚えておいてほしいのは、自分がどう思うか次第で横軸はどんどん伸びていくということです。
Related Entries

 大ちゃんの記事

0 Comments

Leave a comment