デジタル派の私が、わざわざCD屋さんで買ってよかったこと

去年秋に出た宇多田ヒカルさんのアルバム。

紅白で彼女を見て思い出し、
昨日買って聞いています♪

FullSizeRender.jpg

昔から、彼女の声も言葉選びも大好きでした。

ますます深みが出た感じがします。


ところで音楽はどうやって買いますか?

CD派?ダウンロード派?


私はここ何年も、iTune Storeでダウンロード。


かさばらないし、楽ですしね。

CDはアマゾンでオンライン注文。


でも今回はわざわざCDショップに行ってきました〜!

行って本当によかった〜と思ってます^^


きっかけはMr.Childrenの桜井さんが
近所のCDショップに来ていた!
というニュースを目にして。

びっくりすぎて2度見、3度見。

横浜駅みたいなメジャーな場所ではなく、
郊外の古いスーパーの上にある
小さなCD屋さんに!


なぜ桜井さんが来たのでしょう?



昨年秋に始まったプロジェクト、
「I ♥ CD shops!」の一環だそうです。


桜井さんが顔を出したCDショップで
誰のでもいいからCDを買うと、
Mr.Childrenサイン入りのステッカーが貰える。


ボーカル桜井さんのコメント:

ツアーでいろんな町に訪れたとき、
本番当日の午前中ぷらぷらと
その町を散歩するんです。

すると商店街がシャッターストリートと
言われるような感じの寂しいところもあって、で、
その中でCDショップを営んでいる方もいて。


ふとデビュー当時のことを思い出して、

「あぁ…俺ら、昔こういう街のレコードショップに行って
サインをして”Mr.ChildrenのCDを置いてください!」
とお願いして廻ったなぁ」って。。。

そんな、お世話になった方への感謝の気持ちと、
そして、これだけ配信の時代になって、
お客さんがCDをなかなか手に取らなくなった現在、

なおも音楽に対する愛情を持ち続けながら
CDショップを営んでいる方へのリスペクトと
親愛の気持ちを、何か行動に移せないかと考えました。

恩返しというのはちょっとおこがましいですが、

CDショップの方々と一緒になって、
「CDを手に取る喜び」「お店に足を運ぶワクワク感」を、
改めて感じてもらえるような
プロジェクトになるといいなぁと思っています。




素敵!


ということで例のCD屋さんにゴー!


店内に入ると...
懐かしすぎる「CDショップの香り」が。


ステッカーは品切れでしたが、

宇多田ヒカルさんのアルバムを
手にとって、レジでお金を払い、


家に帰って包装を開いて、
ドキドキしながら一曲目を再生...

この一連の作業が、

「音楽を聴く」経験のすべてになった気がします。

xddyrtvo-iw-alphacolor-13_convert_20170103093209.jpg



小学校で初めて買ってもらった、
洋楽CDを思い出しました。


本もそうですね。

電子書籍、便利でたくさん買いましたが、
やっぱり紙の本の手触り、香り、重さ...

五感をフルに使って味わったことって
たましいに刻み込まれていくんだと思います。



来週はMr.Childrenの新曲発売!
(彼らもデジタル配信はほとんどしていません。)


またあのCD屋さんに行こうっと^^







 音楽