友達の名言。「恵まれている分、責任があるんだよ!」

ある日の洋書セミナーで、
「逆境を乗り越えて夢を叶えた例」
をたくさん紹介しました。

極貧とか病気とかをバネにV字回復した
成功者たちのストーリー。



終了後、お客さまから感想をいただきました。

「私は苦労知らずで育ってきましたので、
夢を実現するパワーが足りないです…」



そんなふうに思う方、いませんか?

20161021130518ee4.jpg


私も長年、同じように感じてきました。




育った家は、すごく裕福、ではありませんでしたが、
やりたいことも欲しいものも
不自由なく与えてられてきました。



自分がお金を稼ぐ立場になった今、
とても感謝しています。



しかし、過保護に育って打たれ弱い自分に、
うんざりしていたのも確かです。



数年前、この話を男友達にしてみたら、
こんなふうに言われました。




「俺は、親が決めた有名校に入った。
すごく嫌だったよ。

でも、先生に言われたんだ。

『ここで学ぶ君らは、恵まれている。
だからこそ、責任も大きい。』

恵まれている、って思うならその分、
人生でやるべきことがあるんだよ!



冷水をぶっかけられたようでした!


過保護に育ったからこそ、経験できたことや
学べたことがあった
のです。



そう思えたら、不思議なことに、
日々のいろんな場面で、スイスイ流れがよくなりました。


photo-1431556278810-7c3f91f36d2c_convert_20161017141101.jpeg



誰でも、どんな過去があっても、
望みを実現する力を必ず持っています!

過去にあったこと、育った環境、
それ自体には、そもそも善悪も優劣もありません。


そこにどう意味をつけるかは完全にあなたの自由。

あなたがどういう見方を選ぶかによって、
味方につけることも、敵に回すこともできるのです。

Miwa's Website












Related Entries

 引き寄せの法則