「すぐに」「できることを」「ひとつだけ」やる

私は、「海外洋書のエッセンスを皆さんにお伝えする」という
好きなことを仕事にしています。


いきなりできるようになったわけじゃありません。


初めて、それらしいことをしたのは今から5年前...


港区のホテルのカフェで、「お話会」を開催しました。

知り合いに声をかけ、4、5人集まってもらって、
手書きのプリントで、ドキドキしながら、2時間!


緊張して、何をしゃべったか忘れましたが、
「できた!」という手応えは今でもはっきり覚えています。


この時の達成感が、今に繋がっています。


あのとき私が「話術を身につけてから」
「もっと知識をつけてから」「あと3キロ痩せてから」などと
「やらない理由」を探して、動かなかったらどうなっていたか。


きっと今でも「話術を身につけてから」
「もっと知識をつけてから」「あと3キロ痩せてから」と
言っていたに違いありません。


自分に足りないものを探す癖がついてしまうと、
いつまでたっても自分に足りないものが目に付きます。



思いを行動に移すのに、「完璧なタイミング」はないんです。


じゃあいつ動けばいいかというと、それは
「ワクワクが熱い瞬間」



こうしたい、ああなりたい、それやってみたい!

と心に響いたら、


すぐに
できることを
ひとつだけ



やりましょう。


例えばあなたの友達が、海の見える家に引っ越しました。


「いいなあ!私もこういう暮らしがしたい♪」と、
ワクワクっときたら、

1分以内に、「海のそばの不動産屋さん」に行く日を決めて、
スケジュールに入れましょう。

すぐに
できることを
ひとつだけ


「夜帰ってからやろう」ではダメです。


ワクワクの感情は生もの。
時間が経ってしまうと、ワクワクしなくなります。



ワクワクは熱いうちに打て。


photo-1459178840030-86b747008059.jpeg

弾む心に乗せて踏み出した一歩は、
どんな小さな行動でも、
大きな勢いになります。



周りで夢を叶えている人を見ると、
ワクワク→行動の流れがとにかく早いです。


「いいね!じゃ今ooさんに電話しちゃおう」
「いいね!今、次回の予定決めよう」
「いいね!これから行ってみよう」



私もこのスピード感を真似するようになってから、

やりたいことに協力してくる人や、金銭的サポートや、
レアな情報と自然に出会えるようになりました。


ワクワクしたら、

すぐに
できることを
ひとつだけ



やってみてくださいね〜!



Miwa's Website



Related Entries

 引き寄せの法則