人見知りの人が、楽になる方法



昨日の個人コンサルテーションは、気づきの連続でした!
クライアント(Zさん)さんも私も(^ ^)


こんなご相談でした。


「パーティーで知らない人と話すのが苦手です。
ほかの人に、自分を知ってほしい…
とは思うのですが…寡黙な人になってしまう。
そんな自分を変えたいです!」


お話を伺ううち、彼女の「自分を知ってほしい」
という願望の裏には「自分を知られたくない
という反対の気持ちがひそんでいました。


ちょうどこんな感じです。

友達を家に招き、奥のいちばん素敵な部屋に、
連れて行きます。Zさんが選び抜いた大切な家具や、
美しい絵が飾られた自慢の部屋。


しかし同じ室内に、Zさんが見せたくないもの、
中2の時のイケてない写真や、昔読んでた恋愛小説、
とかも、ディスプレイされてます 笑

20160929141132afc.jpeg


自分のいいところとダメなところは、
同じ部屋に置かれてる…!

いいところを見せたいのなら、
ダメなところも見せる覚悟が要ります。



ええい、見せちゃえ!

と、バーンと開けば、楽になります。



そして相手もリラックスできます。



どんなに社交的な人でも、初対面では多かれ少なかれ
緊張しているもの。


自分から自分をオープンにしちゃいましょう。


私は、昔よりマシですが、生まれつきの人見知り。


だからZさんの気持ちがよーくわかります。

最近は、初対面の人には自分から
「私、緊張してます!」と言っちゃいます。


そして、自分の弱点は、軽〜く(これ、ポイント)、
ユーモアを混ぜてしゃべります^ ^



自分の短所をなかなか受け入れられない、
というときは、まず、短所と思うことを
どんどん紙に書き出すといいですよ。

書けたら、1つ1つを、長所に書き換えてみる

201609291414057c5.jpeg


例えば私はこんな風に上書きしています。


飽きっぽい→好奇心旺盛

大ざっぱ→おおらかで寛容

チームワークが苦手→自分の世界がある

細かいことに気づかない→全体図を見れる

計画性がない→直感で動ける





自分に自信が持てない方は、
このエクササイズをぜひ、繰り返してみてください。

どんな欠点も、必ず裏返すと強みになります^ ^



つまり「私は欠点だらけ」と思っている人こそ、
魅力のタネをたくさん持っている、のです。


この本もすごくオススメ。
人見知りの人はもちろん、
職場や家庭に人見知りがいる人も、ぜひ^ ^



Miwa's Website
Related Entries

 ココロ