モノを持たない「ミニマリスト」...やってる?やってみる?

昨日初めて我が家に来た友人が、
部屋に入って一言「モノが少ない!!」


彼女はひとり暮らしなので、夫婦で過ごす私たちの
「持たなさ」に、驚愕して帰って行きました。


もっと身軽になりたい、と思っていましたが、
他の人から見ると十分身軽なのかもなあ。


かと言って、「ミニマリスト」を目指しているわけではないんです。
自然にモノが減っていました^^


20代の頃は、捨てられない人でした。
クローゼットは「いつか使うかも」「思い出の品」でパンパン。

大学生から海外にいたので、数え切れないほど国際線に乗り、
日本⇆海外の引越しも数回しました。

そのたび別送品で「読まない本」「聞かないCD」「着ない服」を大量に、
段ボールに詰めて太平洋上を何往復もしていたことに
ある日気付いたんです 笑


あれはショックでしたね〜。それこそ時間とお金の浪費!


それからは「いかに身軽に旅するか」がテーマに。

休暇で日本に滞在するたび、
私の荷物を見た両親が「それだけ?」と目を丸くするように。


photo-1473252812967-d565c3607e28.jpeg

いちばんモノを手放したのは、2014年。
1年近く暮らしたバンクーバーの家が、とにかく収納が少なかった。

それ以外はとてもいい所だったので、
入居前に、ぎりぎりまで減らした。
減らしすぎて着るものがなくなったりしたけど、それも勉強^^

物置代わりになってしまう実家がそばになかったのも、
今思うと幸いでした。


そして、今。決して広い住まいではないのに、快適に過ごせているのは、
試行錯誤しながらも「本当に必要なもの」「見て触って嬉しくなるもの」
を厳選してきたからだと思います。


もちろん、理想の部屋ではまだなく、いろいろ足したり引いたりしたいですが、

「ちょうどいいモノの量」を追求するプロセスそのものが、
私を知る抜群の機会だったなあと思います。


やみくもにモノを捨てることではなく...

自分は何に心地よさを感じるのか。

手放したいのに手放せないのは何故なのか。


そもそも何を大切にしたいのか。


悩んで迷ってちょっとずつ、「この辺りかも♪」
というところにたどり着けたら嬉しいですね。



うーん、夜通し語りたいテーマ!
是非あなたの意見もお聞かせください。
Related Entries

 ミニマリスト