「自分磨きジプシー」だった!〜やりたいことから逃げる言い訳〜

自分磨きジプシー」だった頃があります。

それっぽい本を片っ端から読んで、
研修や講座にもいろいろ顔を出しました。


そして、「明日から絶対変わろう」と決めて、
いざ動こうとするたび、足を止めました。

「ん、まだ準備できてないかも。
もう1個セミナー受けてから。
もう1冊本読んでから。」


数年が経ち、頭は知識でいっぱいに。
だけど動いていないから、
溜まったエネルギーでパンパンでした。


バランスを取りたくてヨガに向かいました。

そこで、本10冊読んでもわからなかったことが、
ヨガマット上の1時間でストーンとわかったりする。
何回もありました。

実はヨガを始めることさえ怖かったんです。
ヨガウェアが似合う体になってからじゃないと
スタジオに行けないと思っていた!(笑)

でも私のヨガウェアなんて誰も見ていない!


クラスが始まったら、呼吸に集中することが気持ちよくて、
すっかりハマりました。もう10年ほど続けています。

ヨガには終わりがないんです。

photo-1461551449292-b63f7419ac93.jpeg


ヨガが「うまい」ヨガが「できる」のではなく、
ヨガは生き方そのもの。

これも知識ではなく、体でわかったこと。

心身が毎日、毎時間変わることを知りました。
昨日楽にできたポーズが今日はきついこともあるし、
その逆も。それでいい。

私たちは直線ではなく螺旋を描いて成長するから...


そして、人生に完成はない



ここで終わり、はいよくできました、
っていうゴールラインはありません。

昔の私はいつになったらゴールが見えるんだろう、
って、走り続けていました。

ゴールを切るまで楽しんじゃいけないって思っていた。
もっと修行しなくちゃ、磨かなくちゃって。


でも...完璧じゃなくても楽しめばいいじゃん!

ワクワクすればいい!


ワクワクすることを追うと必ず
「怖い」気持ちがついてきます。もれなくセットで^^

「怖い」を「もっと頑張らなきゃ」で蓋しない。
次の「修行」を探さない。

「怖い〜〜!」って叫びながら、ワクワクする方に「行く」。

「自分磨き」が心底好きなら、
もちろんどんどんやりましょう。

でも、好きなことを先延ばしにする言い訳だとしたら...
地球で与えられた時間がもったいない!
 
何より、本当に好きなことを追って満たされていると、
今必要な学びや情報はピンポイントでわかるようになってきます。

幸せは常に「今」「あなたの中」にある。


自分の中の幸せ感を引っ張り出して、手のひらに乗せてみれば、


あなたの「ゴール」は、もう、そこにあるんです ^ ^
Related Entries

 ココロ