一流レストランに履いていくものがなくなって学んだこと

本屋の「生活」「実用」セクションを覗くと
「ミニマリスト」「持たない暮らし」
「シンプルライフ」で溢れています。


「ミニマリスト」の語源「ミニマル」とは
「最小限の」という意味ですね。


では「ミニマリスト」の暮らしって、具体的にはどうことでしょう。

モノが少ないこと?何もない部屋?10着しか服がない?


でも、ミニマルな住まいにいながら、
常に心がざわざわしていたら…
それは「ミニマリスト」とは言えない気がします。


やっぱり「外」と「内」両方において
「ミニマリスト」でありたいなあと思います。


ではどのように「家」も「心」を整理していきましょうか。


まずいらないものをそぎ落とすわけですが、

その前に何が大事か(残したいか)を明確にしましょう。


私の経験談。

随分前に「ミニマリスト」を目指そうとした時、
「ミニマリストはハイヒール履かない」
という勝手なイメージがあったんですね(笑)。


素直に、ヒール靴を処分してしまいました。


その後、都内の高級ホテルで食事をする機会があり...


手元にあるのはカジュアルなフラットシューズばかり。
履いていくものがない。あれには困りました。

20160915154311392.jpeg


実家にあった結婚式用の靴で間に合わせましたが。


「ハイヒールの必要なとこに行かなきゃいいじゃん?」
って思ったけど、


私はハイヒールが似合う場所も好きなんです。
これに気づけたのは大きかった!



靴に合わせて服も、ハイヒールとフラット両方に
合う服を残すことに。


着まわし研究もいろいろやってみました。
新しい趣味を見つけた気分です^^


今は「ハイヒール用の服装」を季節ごとに1~2パターン、
ユニフォームのように決めてあります。

残りはフラットシューズでいけます!


というのが今の私のワードローブですが、
同じパターンを他の人が真似ても、
うまくいかないかもしれないんです。


自分はどうありたいか、
何が好きなのかを見ていく作業
なんですね〜。


あーでもないこーでもないって悩んで、
「ここだ」っていうバランスを探し当てていく。


20160915154312d41.jpeg





雑誌やネットの「おすすめ」に埋もれがちですが、
色々試して実験して「ちょうどいい」ミニマリズムにたどり着く。

そのプロセスで学んだことは、一生の財産だと思ってます♪
Related Entries

 ミニマリスト