自分の使命を知ったら止まった!繰り返し見ていた夢


前回の記事の続きです。

静岡で、空襲にあっていた、という私。

「足を撃たれて、防空壕で、そのまま…。」


静岡、という具体的な地名に驚きました。


そういえば私は昔から、
戦闘機の写真を見るだけで
ものすごく嫌でした。

普通の旅客機の音も怖くて、
耳をふさぐこともよくありました。


原因不明の神経痛が片足にあるのも
「足を撃たれた」からかもしれない。


静岡は、毎夏家族で訪れていた、
大好きな土地。


ヒーラーさんは最後に言いました。
「無念だったから…今回の人生は、
平和をつくろうと決めて、生まれたのですね。」

photo-1458941055256-4c1ba58abbc5.jpeg


世界平和をつくること。
私の使命...!


何か大きな、あたたかいものに
つながっている感覚に包まれました。




私の役割を知らせたくて、
潜在意識が夢や足の痛みを通して
メッセージを送っていたのです。



この日以来、戦争の夢は一回も見ていません。
足の痛みもぴたりと止まりました。


生まれてきた意味がわかったことは、
かけがえのない経験でした!


このことがきっかけで、私は
「人は何回も生まれ変わるのかも」
「そのしくみを知ることで、生きやすくなるかもしれない」
と、考えるようになりました。


(続く)


http://peacefulpeople.strikingly.com
Related Entries

 生まれ変わり