日本人は「幸せ」な国民?


large_2015051209410359b.jpg

みなさんは、自分のことを「幸せ」だと思いますか?

「国別幸福度ランキング」によると、

日本は43位。

私が住んでいたカナダは6位でした。

あくまでもひとつの調査結果…

とはいえ、この差はやっぱり気になります!

「幸福度」にはいろんな要素が絡んでいる中、

日本とカナダのいちばん大きな違いは、

自己肯定感」かなあ、と感じています。

(もちろん個人差があるので、
めちゃくちゃ一般化して書いてます。)

カナダの教育や子育ては、とにかくほめて自信をつけるやり方。

子供を叱るときは、理由を伝えてちゃんと叱りますが、

普段は言葉をかけ、ハグしてキスして、
愛のシャワーをたっぷり浴びせます。

自分は価値ある存在なんだ」と信じて大きくなるので、

「好きなこと」「やりたいこと」を、
はっきり答えられる大人に育ちます。

だから、周りのことも自然と尊重できるようになります(^_^)

カナダのお隣、アメリカ(幸福度17位)も似た雰囲気。

私がアメリカ留学中にいちばん驚いたのは。。。

授業中に学生が何を言っても、
まずは教授が認めてくれることです!

日本だったら「空気読めない」と言われそうな意見でも、
「なるほど。いいとこ突いてきますね~~♪」
と、誉めるんです(*^_^*)

こういう風土だから、
世界レベルの発明家や起業家、リーダーが、
続々生まれてくるんですね!

幸せ」ってそもそも何でしょう?

いい家に住むこと?

お金がいっぱいあること?

100パーセント健康であること?

大好きなことを仕事にすること?

理想のパートナーと生きること?

私は、ぜんぶ違うと思います。

だって、お金や仕事や健康や人間関係などの「条件」は、
一瞬ごとに変わっていますから。

「xxがなかったら幸せじゃない」のであれば、
常に幸せでいることは不可能です。

すべてが変化するこの世界で、「幸せ」とは、

どんな状況にいても、自分を好きでいられる力
だと思うんですよ\(^o^)/

じゃあ、その力が育ちにくかった日本では、幸せになれないか?

そんなことは全くありません。

カナダ人やアメリカ人の真似をしなきゃいけないか?

そんなこともありません。

日本の素晴らしいところ(謙虚さ、和の心、きめ細やかさ)
など、どんどん活かしながら、

北米のいいところも取り入れて、

自分にOKを出し、

好きなことを好きと宣言し、

まずは自分がハッピーでいること、

そして周りもハッピーでいられることを、

選んで実践することは必ずできます♪

私は1992年から、日本とアメリカ・カナダに暮らしながら、
自分の人生を実験台に、ハピネスを追求してきました。

日本流でも北米流でもない、Miwa流の「幸せになるスキル」、

これからも個人セッションやワークショップでシェアしていきますね!

Related Entries

 ピースフル・ライフ