「こんなはずじゃなかった〜」というときの処方箋は?

↓バンクーバーの人気ヨガセンター、Semperviva Yoga の、海に浮かんでいるようなスタジオ。

201310060527288a3.jpg

尊敬する先生の、陰ヨガクラスに行ってきました♪

毎回楽しみにしていますが、
しかし、きついポーズ…(>_<)
この格好で5分静止って!

20131006052726bc8.jpg

ふくらはぎ、プルプルプルプル…

もうやめようかと思ったとき、先生の声が聞こえてきました。

「暑いときは、暑さを感じる。
寒いときは、寒さを感じる。
暑さにも寒さにも、処方箋はないから。

つらいときは、つらさを感じる。

…ふむ。

ふくらはぎに向かってゆっくり息を吸い込んでみると、

体がふっと軽くなり、
静かなパワーが湧いてくるではないですか!


「暑さも寒さも、
宇宙の異なる側面だ。
永遠に続く。処方箋はない。」

201310060536522d9.jpg

生きていると、こんなはずじゃなかった〜(゚o゚;;
ということしょっちゅうです。
100%予定通りには行かない人生。
これまでもそうだったし、
これからもそうでしょう。


そんなときに役立ちそうな、「つらさ」に遭遇したときのヒントを、
今日のヨガクラスで教わりました。

1) 目を閉じて、「つらさ」(身体的でも精神的でも) に抵抗している自分に気づく
2) 「つらさ」を感じる部分に息を吸い込む
3) 手放す気持ちでゆっくり息を吐く (1〜3を数回繰り返す)
4) 平和な感じや力強い感じがわいてくるのを感じてみる
5) 口角を少し上げて…目を開ける

つらいときは、つらさを感じる。
心地よいときは、心地よさを感じる。

感じることが、人間に与えられたギフトだから。

Related Entries

 ヨガ

0 Comments

Leave a comment